○精華町消防職員服務決裁規程

平成2年3月11日

消防本部規程第1号

(目的)

第1条 この規程は、消防長の権限に属する事務の処理について、その責任の所在を明確にし、合理的かつ能率的な事務処理を行うため、事務の決裁に関して必要な事項を定めることを目的とする。

(用語の定義)

第2条 この規程において、次に掲げる用語の定義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 決裁 消防長が、その権限に属する事務の処理について、最終的に意志の決定を行うことをいう。

(2) 専決者 消防長が、その権限に属する事務について、あらかじめ定めた範囲内の決裁を消防長に代わって行う者をいう。

(3) 次長 精華町消防本部組織規則(昭和49年規則第4号)(以下「規則」という。)第5条に定める次長

(4) 課長等 規則第6条に定める課長等及び精華町消防署組織規程(昭和49年規程第4号)第4条に定める消防署長

(決裁の順序)

第3条 決裁に至るまでの手続きは、原則として、係から順次上司の決裁を経て消防長又は専決者の決裁を受けるものとする。

(専決事項又は専決者)

第4条 専決することができる事項及び当該事項の専決者は次の各号に定めるところによる。

(1) 年次休暇、病気休暇、特別休暇及び代日休暇については、別表第1のとおりとする。

(2) 出張命令については、別表第2のとおりとする。

(3) 時間外勤務命令及び休日勤務命令については、課長等とする。

(委任)

第5条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この規程は、平成2年4月1日から施行する。

附 則(平成29年消本規程第2号)

この規程は、公布の日から施行する。

別表第1(第4条関係)

専決者

職名

次長

課長等

次長

 

 

課長等

1日以内

 

上記以外の職員

隔日勤務者

1当務を超える期間から3当務までの期間

1当務以内

毎日勤務者

1日を超える期間から6日までの期間

1日以内

別表第2(第4条関係)

専決者

職名

次長

課長等

次長

 

 

課長等

1日以内

 

上記以外の職員

1日を越える期間から6日までの期間

1日以内

画像画像画像画像画像画像画像画像画像

精華町消防職員服務決裁規程

平成2年3月11日 消防本部規程第1号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第14編 防/第2章
沿革情報
平成2年3月11日 消防本部規程第1号
平成29年4月1日 消防本部規程第2号