○精華町消防吏員被服等貸与に関する規程

昭和51年3月30日

規程第3号

(趣旨)

第1条 この規程は、消防吏員に貸与する被服その他の物品(以下「貸与物品」という。)の貸与基準その他必要な事項を定めるものとする。

(貸与物品の品目等)

第2条 貸与物品の品目、数量及び貸与期間は、別表のとおりとする。

2 貸与期間は、貸与を受けた月から起算する。

(保管)

第3条 貸与物品の貸与を受けている消防吏員(以下「被貸与者」という。)は、貸与物品を清潔にし、汚損又は紛失などないよう良好な状態で保管しなければならない。

2 貸与物品の補修、その他保管に必要な費用は被貸与者の負担とする。

(再貸与)

第4条 被貸与者は、貸与物品を貸与期間内において亡失又はき損して使用できなくなつたときは、直ちに消防長に届け出なければならない。

2 前項の届出を受け、消防長が必要と認めたときは、貸与物品の貸与の例に準じて代品を再貸与することができる。

(返納)

第5条 被貸与者が消防吏員の職を離れたときは、被貸与者は、貸与物品を速やかに返納しなければならない。ただし、伝染病疾患により離職した場合貸与期間が満了している場合その他特別な事情のある場合は、この限りでない。

(記録)

第6条 所属長は、貸与物品記録表(別記様式)を備え必要事項を記入し、貸与の状況について常に明確にしておかなければならない。

(委任)

第7条 この規程の施行に関し必要な事項は消防長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規程は、昭和51年4月1日から施行する。

(その他)

2 この規程施行の際、消防吏員でない消防職員については、職員の被服貸与に関する規程(昭和43年規程第3号)の定めを準用する。

附 則(昭和63年消本規程第7号)

この規程は、昭和63年4月1日から施行する。

附 則(平成22年消本規程第3号)

この規程は、公布の日から施行する。

別表(第2条関係)

区分

品目

数量

貸与期間

区分

品目

数量

貸与期間

消防吏員

冬帽

1個

36月

 

階級章

1個

24月

夏帽

1個

36月

えり章

1個

なし

保安帽

1個

36月

冬服用バンド

1本

24月

ファイヤーキャップ

1個

24月

夏服用バンド

1本

24月

冬服

1着

24月

作業服用バンド

1本

24月

夏服

1着

24月

救助服用バンド

1本

24月

ジャンパー

1着

36月

救急服用バンド

1本

24月

雨外とう

1着

24月

消防手帳

1冊

60月

作業服

1着

24月

警笛

1個

36月

救助服

1着

24月

防火帽

1個

60月

救急服

1着

24月

防火衣

1着

60月

ネクタイ

1本

24月

 

 

 

手袋

1双

24月

 

 

 

半長ぐつ

1足

36月

 

 

 

ゴム長ぐつ

1足

24月

 

 

 

防火ぐつ(革製)

1足

36月

 

 

 

備考 貸与期間については、特にやむを得ない事情のあるときは延伸することがある。

画像

精華町消防吏員被服等貸与に関する規程

昭和51年3月30日 規程第3号

(平成22年2月23日施行)

体系情報
第14編 防/第2章
沿革情報
昭和51年3月30日 規程第3号
昭和63年4月1日 消防本部規程第7号
平成22年2月23日 消防本部規程第3号