○精華町消防吏員服装規程

昭和51年3月30日

規程第2号

(趣旨)

第1条 この規程は、精華町消防吏員(以下「吏員」という。)の制服の着用について定めるものとする。

(着用の心得)

第2条 服装は、常に清潔端正にし、吏員としての品位の保持に努めなければならない。

(服装の区分)

第3条 吏員の服装は、次のとおり区分する。

(1) 正装

(2) 常装

(3) 作業服装

(4) 防火服装

(5) 救助服装

(6) 救急服装

(7) 水防服装

(8) 運転服装

2 前項各号に規定する服装は、別表に定めるところに従い、該当品目の被服類を着用した服装とする。

3 着用する被服類は、貸与されているものとする。ただし、ワイシャツ、作業手袋、くつ及び半長ぐつを除く。

(着用期間)

第4条 冬服及び夏服の着用期間は、次のとおりとする。ただし、状況により期間を変更することがある。

(1) 冬服{4月1日から4月30日まで 及び{10月1日から翌年3月31日まで

(2) 夏服{長そで服{5月1日から5月31日まで及び{9月16日から9月30日まで 半そで服{6月1日から9月15日まで

(正装)

第5条 吏員は、次の各号に定める場合、正装をするものとする。

(1) 儀式、祭典等に参列する場合

(2) 点検(訓練及び礼式の通常点検、並びに徒歩訓練及び礼式の特別点検をいう。)の場合

(3) 前各号に準ずる場合で、消防長が必要と認めた場合

(常装)

第6条 吏員は、勤務中別に定める場合を除き、原則として常装をするものとする。

(作業服装)

第7条 吏員は、次の各号に定める場合、作業服装をすることができるものとする。

(1) 災害現場へ出動する場合

(2) 警防訓練に従事する場合

(3) 隔日勤務者が署内勤務に服する場合

(4) 隔日勤務者が消防自動車等により署外勤務に服する場合及び被服が汚損するおそれのある署外勤務に服するときで所属長が必要あると認めた場合

(5) 車両等の整備作業に従事する場合

(6) 前各号に掲げる場合のほか、消防長が業務の性質上必要があると認めた場合

(防火服装)

第8条 吏員は、消火活動に従事する場合及び警防訓練に従事するときで必要がある場合、防火服装をするものとする。ただし、救助分隊員(救助業務を兼任する消防分隊員を含む。以下同じ。)、運転者その他消防長が認めた吏員にあつては、この限りでない。

(救助服装)

第9条 救助隊員は、災害現場活動に従事する場合及び警防訓練に従事するときで必要がある場合、救助服装をするものとする。

(救急服装)

第10条 救急隊員は、救急活動に従事する場合及び警防訓練に従事するときで必要がある場合、救急服装をするものとする。

(水防服装)

第11条 吏員は、水防活動に従事する場合、及び水防訓練に従事するときで必要がある場合、水防服装をするものとする。

(運転服装)

第12条 吏員は、車両(自転車を除く。)を運転する場合、運転服装をするものとする。

(保安帽の着用)

第13条 吏員は、第3条第2項に定めるほか次の各号に掲げる場合、保安帽を着用するものとする。ただし、消防長が作業内容等から判断して、特に作業帽の着用を指示した場合は、この限りでない。

(1) 警防訓練に従事する場合

(2) 火災の調査に従事する場合

(3) 消防自動車、救急自動車、水防自動車、自動二輪車及び原動機付自転車に乗車する場合

(4) ホースの乾燥及び収納等の作業を行う場合

(5) 工事現場等の査察時その他危害予防上必要がある場合及び消防長が着用を指示した場合

(腕章の着用)

第14条 吏員は、次の各号に掲げる腕章を、当該各号に定める場合着用するものとし、腕章の位置は、上衣の左腕上部(肩口から約10センチメートル下をいう。)とする。

(1) 査察腕章

防火指導等で消防長が指示した場合

(2) 立入検査腕章及び防火診断腕章

立入検査又は防火診断に従事する場合

(3) 防火運動腕章

火災予防運動の期間中

(4) 広報腕章

広報活動に従事するときで消防長が指示した場合

(5) 火災原因調査腕章

火災原因調査業務に従事する場合

(6) 安全管理腕章

警防訓練時及び精華町消防安全管理規程に定める安全管理者としての業務に従事する時で必要のある場合

(委任)

第15条 この規程に定めるもののほか、吏員の服装について必要な細目は、別に定める。

附 則

(施行期日)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和63年3月1日消本規程第2号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成15年消本規程第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年消本規程第2号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年消本規程第2号)

この規程は、公布の日から施行する。

別表(第3条関係)

服装別着用被服類表

区分

品目

正装

常装

作業服装

防火服装

救助服装

救急服装

水防服装

運転服装

冬服着用期間

夏服着用期間

冬服着用期間

夏服着用期間

冬服着用期間

夏服着用期間

A

B

 

 

 

 

常装

冬帽

 

 

 

 

 

 

 

常装の欄に定める品目及び救急服とする。ただし、帽子はファイヤーキャップとする。

 

常装又は作業服装の欄に定める品目とする。

冬服

 

 

 

 

 

夏帽

 

 

 

 

 

 

 

 

夏服

 

 

 

 

 

保安帽

 

 

ジャンパー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨外とう

 

 

 

 

えり章

 

 

 

 

 

 

 

 

階級章

消防長章(消防長のみ)

 

 

 

 

 

 

 

 

ネクタイ

 

 

 

 

ワイシャツ

 

 

 

 

腕章

 

 

 

 

 

警笛

 

 

 

 

手袋

常用手袋

 

 

 

 

 

 

 

 

作業手袋

 

 

 

冬服用バンド

 

 

 

 

 

 

 

 

夏服用バンド

 

 

 

 

 

 

 

 

救助服用バンド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

救急服用バンド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

短ぐつ

 

 

 

 

半長ぐつ

 

 

 

 

 

 

防火帽

 

 

 

 

 

 

 

防火衣

 

 

 

 

 

 

ファイヤーキャップ

 

 

 

 

 

 

救助服

 

 

 

 

 

 

救急服

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防火ぐつ

(ゴム製)

 

 

(革製)

 

 

 

 

救助ぐつ

 

 

 

 

 

作業被服装

ファイヤーキャップ

 

 

 

 

 

 

 

作業服

 

 

 

 

作業服用バンド

 

 

 

 

備考

(1) 表中○印は着用品目を示し、●印は時期、場所等により○印品目にかえて着用できる品目を示し、△印は必要に応じて着用できる品目を示す。

(2) 防火服装Aとは、消火活動に従事する場合(山林火災の防御活動に従事する場合及び特設隊員として活動する場合(以下「山林火災等で活動する場合」という。)を除く。)の服装をいい、防火服装Bとは、山林火災等で活動する場合の服装をいう。

(3) 正装で着用する被服類中皮きゃはんは、別に指示した場合のみ着用するものとする。

精華町消防吏員服装規程

昭和51年3月30日 規程第2号

(平成22年2月15日施行)

体系情報
第14編 防/第2章
沿革情報
昭和51年3月30日 規程第2号
昭和63年3月1日 消防本部規程第2号
平成15年7月22日 消防本部規程第1号
平成17年4月8日 消防本部規程第2号
平成22年2月15日 消防本部規程第2号