○精華町文化財補助金交付規程

平成元年3月24日

教委規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、精華町教育委員会教育長(以下「教育長」という。)が、町の区域内に存する文化財の保護を図るため、文化財の所有者若しくは管理団体又は保持者若しくは保持団体等が文化財の適正な保存のために実施する事業に要する経費の一部について、精華町補助金等の交付要綱(昭和43年精華町要綱第1号)及びこの規程の定めるところにより、予算の範囲内で精華町文化財補助金(以下「補助金」という。)を交付することに関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規程で「文化財」とは、次に掲げるものをいう。

(1) 文化財保護法(昭和25年法律第214号)の規定により指定されたもの

(2) 京都府文化財保護条例(昭和56年京都府条例第27号)の規定により指定、登録又は決定されたもの

(4) 未指定ではあるが、歴史的、文化的価値の高いもので教育長が特に認めたもの

(補助対象事業)

第3条 補助金の交付の対象となる事業は、次の各号の一に該当する場合とする。

(1) 国及び京都府(以下「府」という。)が補助事業として認定した事業

(2) 府が補助事業として認定した事業

(4) 条例第22条第4項及び第29条第2項に規定する公開

(補助率及び額)

第4条 前条に規定する事業にかかる補助の補助率及び補助限度額は、別表に定めるとおりとする。ただし、教育長が特に必要と認める事業については、この補助率及び補助限度額を超えて交付することができる。

(交付申請)

第5条 この規程に基づき補助金の交付を申請しようとする者(以下「申請者」という。)は、別に定める期日までに、精華町文化財補助金交付申請書(別記様式第1号)を教育長に提出しなければならない。

(補助金交付の決定等)

第6条 教育長は、前条による補助金の交付の申請があったときは、必要に応じて現地調査を行うことができる。

2 教育長は、補助金の交付の申請があった場合において必要があるときは、補助金の交付申請にかかる事項につき修正を加え又は交付の条件を付して補助金の交付を決定することができる。

(決定の通知)

第7条 教育長は、補助金の交付又は不交付の決定をしたときには、速やかにその決定の内容、及びこれに条件を付した場合はその条件を精華町文化財補助金交付決定通知書(別記様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(申請書記載事項等の変更)

第8条 申請者は、第5条の規定により提出した申請書又はその添付書類に記載した事項を変更をしようとするときは、精華町文化財補助金事業変更承認申請書(別記様式第3号)を教育長に提出し、その承認を受けなければならない。

(実績報告)

第9条 補助金の交付を受けた者は、事業が完了したときは、事業の完了した日から起算して30日を経過した日又は補助金の交付決定のあった年度の3月31日のいずれか早い日までに、精華町文化財補助金事業実績報告書(別記様式第4号)を教育長に提出しなければならない。

(補助金の額の決定)

第10条 教育長は、前条の報告を受けたときは、必要に応じて現地調査を行い、その報告にかかる事業の成果が補助金の交付の決定の内容及びこれに付した条件に適合するかどうかを調査し、適合すると認めたときは補助金の額を確定し、精華町文化財補助金の額の確定通知書(別記様式第5号)により申請者に通知するものとする。

(補助金の返還)

第11条 教育長は、補助金の交付を受けたものが、その事業によって設置又は整備したものを教育長の承認を受けないで交付の目的に反して使用したときは、補助金の全部又は一部を返還させることができる。

(事業の完了時期)

第12条 事業の完了時期は、当該会計年度内とする。ただし、年度内に完了しない場合又はその実施が困難な場合は、速やかに教育長に報告し指示を受けなければならない。

(委任)

第13条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は教育長が別に定める。

附 則

この規程は、平成元年4月1日から施行する。

別表(第4条関係)

事業の種別

補助率

補助限度額

国及び京都府の補助事業

(府の補助金の)

町単独の補助事業

(事業費総額の)

有形文化財及び有形民俗文化財保存事業

収蔵庫(美術工芸品の収蔵庫に限る)の設置

2分の1以内

3分の2以内

1,500,000円

防災・防犯設備又は保存施設の整備・修理

2分の1以内

3分の2以内

1,000,000円

美術工芸品の補修等

2分の1以内

2分の1以内

800,000円

建造物の修理等

2分の1以内

3分の2以内

2,000,000円

有形民俗文化財の補修等

2分の1以内

3分の2以内

1,000,000円

無形文化財保存事業

2分の1以内

3分の2以内

300,000円

無形民俗文化財保存事業

2分の1以内

3分の2以内

300,000円

史跡・名勝・天然記念物保存事業

2分の1以内

2分の1以内

200,000円

その他(文化財の公開等)

2分の1以内

2分の1以内

200,000円

画像画像画像

画像

画像

画像画像

画像

精華町文化財補助金交付規程

平成元年3月24日 教育委員会規程第1号

(平成元年3月24日施行)