○精華町社会教育指導員設置等に関する規則

昭和53年4月1日

教委規則第3号

(目的)

第1条 この規則は、社会教育における指導層の充実をはかるための社会教育指導員(以下「指導員」という。)の設置及び、その他必要な事項を定めることを目的とする。

(職務)

第2条 指導員は、次の各号に定める職務を行うものとする。

(1) 社会教育に関する直接指導及び助言並びに学習相談に関すること。

(2) 社会教育関係団体の育成に関すること。

(3) 社会教育関係団体相互の連絡に関すること。

(4) その他社会教育の振興に関すること。

(任命)

第3条 指導員は、教育一般に関して豊かな識見を有し、かつ社会教育に関する指導能力及び実績があると認められるもののうちから、教育委員会が任命する。

(服務)

第4条 指導員は、その職務を遂行するに当たつては、法令、条例、教育委員会の定める規則及び規程に従い、かつ、上司の指揮、監督をうけ、その職務上の命令に従わなければならない。

2 指導員は、その職の信用を傷つけ、又はその職の品位を失なうような行為をしてはならない。

3 指導員は、職務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。

4 指導員は、非常勤とし、その勤務は週5日以内とする。

(任期)

第5条 指導員の任期は1年とする。ただし通算3年を超えない範囲で再任することができる。

2 前項の規定にかかわらず、特別の理由が生じた場合には、任命途中においても、解職することができる。

(有給休暇等)

第6条 指導員は、勤務日において次の各号に掲げる場合は、それぞれ当該各号に定める期間休暇を受けることができる。

(1) 有給休暇は、別表第1に定めるところにより与えられる。ただし、3月以上勤務した者について与える。

(2) 特別休暇は、次のとおりとする。

 選挙権その他公民としての権利を行使し、義務を履行する場合 そのつど必要と認められる期間

 公務上の負傷並びに疾病の場合 そのつど必要と認められる期間

 負傷又は疾病の場合 1か月以内で教育長が必要と認めた期間

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は別に教育委員会規則で定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和53年4月1日から適用する。

附 則(昭和55年教委規則第2号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和55年4月1日から適用する。

附 則(昭和58年教委規則第2号)

この規則は、公布の日から施行し、改正後の精華町社会教育指導員設置等に関する規則は、昭和58年4月1日より適用する。

附 則(平成2年教委規則第3号)

この規則は、公布の日から施行し、改正後の精華町社会教育指導員設置等に関する規則は、平成2年4月1日から適用する。

附 則(平成4年教委規則第4号)

この規則は、公布の日から施行し、改正後の精華町社会教育指導員設置等に関する規則は、平成4年4月1日から適用する。

別表第1(第6条関係)

勤務する期間

休暇日数

3月以上~5月未満

6日

5月~7月

7日

7月~9月

8日

9月~11月

9日

11月~12月

10日

精華町社会教育指導員設置等に関する規則

昭和53年4月1日 教育委員会規則第3号

(平成4年9月8日施行)

体系情報
第11編 育/第4章 社会教育
沿革情報
昭和53年4月1日 教育委員会規則第3号
昭和55年3月31日 教育委員会規則第2号
昭和58年8月8日 教育委員会規則第2号
平成2年12月7日 教育委員会規則第3号
平成4年9月8日 教育委員会規則第4号