○精華町社会同和教育指導員設置規則

昭和62年3月25日

教委規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、社会同和教育指導員(以下「指導員」という。)に関し、必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 本町における社会同和教育の充実を図るため教育委員会の事務局に指導員を置く。

2 指導員は非常勤とする。

(職務)

第3条 指導員は、上司の命を受け社会同和教育における専門的事項の指導に関する事務に従事する。

(委嘱)

第4条 指導員は、教育に関し識見を有し、かつ、社会同和教育に関する専門的事項について教養と経験を有すると認められる者のうちから教育委員会が委嘱する。

(任期)

第5条 指導員の任期は1年とする。ただし、再任は妨げない。

2 前項のただし書に該当する場合は、その通算年数は原則として3年以内とする。

第6条 指導員は、その服務を遂行するに当たって、法令、条例及び教育委員会規則に従わなければならない。

2 指導員は、その職の信用を傷つけ、又はその職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

3 指導員は、職務を通じて知り得た秘密を漏らしてはならない。

(報酬及び費用弁償)

第7条 指導員の報酬及び費用弁償は、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(昭和47年条例第4号)の定めによる。

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、別に教育委員会教育長が定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和62年4月1日より適用する。

附 則(平成13年教委規則第1号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成13年2月26日から施行する。

精華町社会同和教育指導員設置規則

昭和62年3月25日 教育委員会規則第2号

(平成13年2月16日施行)

体系情報
第11編 育/第1章 教育委員会
沿革情報
昭和62年3月25日 教育委員会規則第2号
平成13年2月16日 教育委員会規則第1号