○精華町地域福祉センターかしのき苑設置及び管理に関する条例

平成5年3月22日

条例第3号

(目的)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定に基づき、精華町地域福祉センターかしのき苑(以下「かしのき苑」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(設置)

第2条 社会福祉活動を進めかつ保健福祉の増進を図るために地域住民の福祉施設としてかしのき苑を設置する。

(名称及び位置)

第3条 かしのき苑の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 精華町地域福祉センターかしのき苑

位置 精華町大字南稲八妻小字砂留22番地の1

(使用の許可)

第4条 かしのき苑の施設又は付属設備を使用しようとする者(以下「使用者」という。)は、町長の許可を受けなければならない。

2 町長は、かしのき苑の管理上必要があると認めるときは、使用許可について条件をつけることができる。

(使用許可の制限)

第5条 町長は次の各号の一に該当する場合は使用を許可しないものとする。

(1) 公の秩序又は風紀をみだす恐れがあると認められるとき

(2) 施設又は付属設備を破損し、又は滅失する恐れがあると認められるとき

(3) 公益上支障があると認められるとき

(4) その他の管理上支障があると認められるとき

(使用目的の変更等の禁止)

第6条 使用の許可を受けた者は、使用の目的を許可なく変更し、又は使用の権利を譲渡し、若しくは転貸してはならない。

(使用許可の取り消し等)

第7条 町長は、次の各号の一に該当するときは、使用の許可を取り消し、又は停止し、若しくは条件を変更することができる。この場合、使用者が損害を受けても、町はその責を負わない。

(1) 第4条第1項の規定に基づく使用許可の申請事項に虚偽の記載があったとき

(2) 第4条第2項の許可条件に違反したとき

(3) この条例若しくはこの条例に基づく規則に違反し、又はこれらに基づく指示に従わないとき

(4) 第5条各号の一に該当する事由が生じたとき

(使用者の義務)

第8条 使用者は、かしのき苑を使用するときは、善良な管理のもとに使用しなければならない。

2 使用者は、その使用が終わったとき、又は使用の許可を取り消されたときは直ちに設備等を原状に復さなければならない。

(損害賠償の義務)

第9条 入場者は、かしのき苑の施設又は付属設備を破損し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、町長において損害を賠償させることが適当でないと認めたときは、この限りではない。

(使用料の額)

第10条 かしのき苑を使用するときは、別表第1で定める使用料を、また機器等の使用については、別表第2で定める機器等使用料を納入しなければならない。

(使用料の減免)

第11条 町長は、公益上その他の特別の理由があるときは、使用料を減免し又は免除することができる。

(使用料の還付)

第12条 既納の使用料は還付しない。ただし、使用者の責によらない事由により使用することができないときは、その全部又は一部を返還することができる。

(委任)

第13条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から起算して3か月を超えない範囲内において規則で定める日から施行する。(平成5年4月規則第12号で、同5年4月9日から施行)

附 則(平成6年条例第6号)

この条例は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成13年条例第8号)

この条例は、平成13年10月1日から施行する。

附 則(平成21年条例第26号)

この条例は、平成22年4月1日から施行する。

別表第1(第10条関係)

単位 円

使用場所

使用時間

使用日・料金

1時間

平日

 

日曜

 

ふれあい大ホール

施設使用料

1時間

平日

1,800

日曜

2,160

料理教室

施設使用料

1時間

平日

800

日曜

960

創作室

施設使用料

1時間

平日

700

日曜

840

和風研修室

軽運動室

交流広間(東)

施設使用料

1時間

平日

600

日曜

720

会議室A

会議室B

会議室C

会議室D

会議室E

談話室

さくらんぼ教室

交流広間(中)

交流広間(西)

施設使用料

1時間

平日

500

日曜

600

温水プール

団体使用

1時間

平日

1,400

日曜

1,680

入浴料

個人使用

満12歳以上 200

満6歳以上満12歳未満 100

満6歳未満 無料


(備考)

(1) 町外からの使用者については、上記金額の10割増とする。ただし、入浴料は京都府知事が告示する公衆浴場入浴料金統制額とする。

(2) 営利を目的とする場合は、上記金額の10割増とする。

(3) 使用者総数の内、町内在住及び在勤者数が2/3に満たない場合は町外扱いとし、上記金額の10割増とする。

別表第2(第10条関係)

精華町地域福祉センターかしのき苑機器等使用料

単位 円

備付室名

機器等名

使用料

ふれあい大ホール

音響設備一式

3,000

照明設備一式

3,000

35mm映写機・スクリーン一式

3,000

ビデオ機器・スクリーン一式

3,000

カラオケ設備・マイク2本付一式

3,000

ピアノ

1,000

仮設舞台

2,000

金屏風

2,000

交流広間

カラオケ設備一式

2,000

ビデオプロジェクター・スクリーン付一式

1,000

マイク設備一式

500

談話室

カラオケ設備一式

1,000

和風研修室

茶道具一式

1,000

各室共通

OAボード(コピー用紙別)

500

スライド映写機

500

オーバーヘッドプロジェクター

500

スライド式スクリーン

500

衝立(一脚)

200

和太鼓(大1 小4)一式

1,000

(備考)

(1) 使用料は、施設使用許可日時を単位とする。

(2) 部分的に使用する場合も、同額とする。

精華町地域福祉センターかしのき苑設置及び管理に関する条例

平成5年3月22日 条例第3号

(平成22年4月1日施行)