○職員の時間外勤務手当及び休日勤務手当の支給割合を定める規則

平成6年3月31日

規則第3号

(目的)

第1条 この規則は、精華町職員の給与に関する条例(昭和32年条例第10号。以下「条例」という。)第12条及び第13条の規定に基づき、時間外勤務手当及び休日勤務手当の支給割合を定めることを目的とする。

(時間外勤務手当の支給割合)

第2条 条例第12条第1項の規則で定める割合は、次の各号に掲げる勤務の区分に応じて、当該各号に定める割合とする。

(1) 条例第12条第1項第1号に掲げる勤務 100分の125

(2) 条例第12条第1項第2号に掲げる勤務 100分の135

2 条例第12条第3項の規則で定める割合は、100分の25とする。

(休日勤務手当の支給割合)

第3条 条例第13条の規則で定める割合は、100分の135とする。

附 則

この規則は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成7年規則第11号)

この規則は、公布の日から施行し、平成7年4月1日から適用する。

附 則(平成24年規則第13号)

この規則は、公布の日から施行する。

職員の時間外勤務手当及び休日勤務手当の支給割合を定める規則

平成6年3月31日 規則第3号

(平成24年3月30日施行)

体系情報
第5編 与/第3章 諸手当
沿革情報
平成6年3月31日 規則第3号
平成7年12月28日 規則第11号
平成24年3月30日 規則第13号